INFORMAION

<コロタイプ>審光写場開設80周年記念 「佐藤浜次郎 ハール・フェレンツ 二人展」開催のお知らせ

2021.09.30

便利堂コロタイプギャラリーでは10月1日(金)より、2021年秋季企画展示として審光写場開設80周年記念「佐藤浜次郎 ハール・フェレンツ 二人展」を開催します。

ハール・フェレンツ(英語名:フランシス・ハール)は、戦前にハンガリーより来日し、日本の文化や風景を撮影してきた写真家です。便利堂では、戦前に2冊のハールの写真集を制作しています。また、佐藤浜次郎は、日本の文化財写真史に残る昭和10年(1935)の法隆寺金堂壁画原寸大撮影をはじめ、文化財撮影の第一線で活躍した撮影技師で、便利堂の写真工房の基礎をつくった人物でもあります。

 

展覧会名:審光写場開設80周年記念 「佐藤浜次郎 ハール・フェレンツ 二人展」
会  期:2021年10月1日(金)~11月14日(日)10:00~17:00
(全日12:00~13:00と水曜日はお休み)
会  場:便利堂本社1F コロタイプギャラリー

<その他> KG+ Exhibitions:モード・アルセノー|Entangled 1 & 2

2021.09.17

KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭と同時期に開催する、国際的に活躍する写真家やアーティスト、 国内外のキュレーター、ギャラリストとの出会いの場、KG+のKG+ Exhibitionsにおいて国際コロタイプ写真コンベンションHARIBAN AWARD 2020 最優秀賞受賞者 モード・アルセノー の個展 Entangled 1 & 2 を開催いたします。

 

KG+ Exhibitions
モード・アルセノー|Entangled 1 & 2

 

会場 |MEDIA SHOP gallery
住所 |604-8031 京都市中京区大黒町44 VOXビル1F >Google Map
1F VOX Building, 44 Daikoku-cho, Nakagyo-ku, Kyoto
Open: 9/21[TUE]-10/17[SUN] 12:00-20:00
Open everyday
Free entry: 入場無料

<その他> Kyotographie Public Event にて写真家・川内倫子ミニポートフォリオ展示・販売のお知らせ

2021.09.16

Kyotographie ~ 『Early Works 1997の展示・販売をKYOTOGRAPHIE インフォメーションラウンジ&ブックスにて行います。1998年の展覧会「うたたね」から、写真集未発表の6点の写真が収録されています。

 

Early Works 1997 by Rinko Kawauchi – Benrido Mini Portfolio
9月17日(金)〜 9月30日(木)10:00-19:00

会場:KYOTOGRAPHIE インフォメーションラウンジ&ブックス(三条両替町ビル)
604-8166 京都市中京区烏丸三条西入御倉町73

 

オンラインでのご購入は

JPこちらから

ENこちらから

<その他>便利堂の商品が京都市ふるさと納税返礼品になりました!

2021.08.30

便利堂の商品が京都市ふるさと納税返礼品になりました!
ぜひこの機会にご利用ください。

 

縮小絵巻物〈国宝 鳥獣人物戯画 甲巻〉

 

扇子〈国宝 鳥獣人物戯画〉(男女兼用)

 

 

〈京都市について〉
京都市では,福祉・教育・子育て支援などの基礎自治体としての役割に加え,日本が世界に誇る優れた景観や歴史的資産・文化を守り,育て,次世代に伝えていくため,様々な取組を進めています。
京都の文化と景観は,日本の文化と景観の原点といえるものです。これらを保全・継承していくためには多額の費用がかかります。心のふるさと,京都を未来に引き継いでいくため,ご寄付をお願いします。

<ショップ>京都便利堂本店(仮店舗)の夏季休業のお知らせ

2021.07.30

京都便利堂本店(仮店舗)の夏季休業のお知らせ

 

いつも京都便利堂をご愛顧いただき誠にありがとうございます。

誠に勝手ながら、下記の期間は夏季休業の為、お休みさせていただきます。

 

【休業期間】 2021年8月12日(木)~8月16日(月)

 

ご不便をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

<コロタイプ>「便利堂コロタイプの現在地」展 開催のお知らせ

2021.07.21

コロタイプギャラリー2021年 通常展示 第二期

「便利堂コロタイプの現在地」展

便利堂コロタイプギャラリーでは7月26日(月)より、2021年通常展示第二期として「便利堂コロタイプの現在地」展を開催します。

 

本展では、便利堂のコロタイプが工房設立以来どのような発展を遂げてきたかについて「動力式印刷機の導入」、「コロタイプのカラー化」、「デジタルへの対応」、「環境への配慮」という4つに注目して、ご紹介します。

 

重要文化財「法隆寺金堂壁画写真ガラス原板」から制作したコロタイププリントや、国宝に新指定される予定の「蒙古襲来絵詞」原寸大カラーコロタイプ複製、また最新のコロタイプ技術で制作した北大路魯山人筆の書簡を原本と合わせて展示します!

ぜひご覧ください!!

 

詳しくはこちら

 

【概要】

コロタイプギャラリー2021年 通常展示 第二期

「便利堂コロタイプの現在地」展

場所:京都市中京区新町通竹屋町下ル弁財天町302番地 便利堂コロタイプギャラリー

会期:2021年7月26日(月)-9月3日(金) 10:00-17:00

休廊:平日12:00-13:00&土日祝日はお休み
夏季休業:2021年8月12日(木)~8月16日(月)

<その他>京都国立博物館「京の国宝」展において便利堂所蔵の法隆寺金堂壁画写真原板が展示されます。

2021.07.12

京都国立博物館で開催される特別展 京(みやこ)の国宝―守り伝える日本のたから―
において便利堂所蔵の重要文化財 法隆寺金堂壁画写真原板が展示されます。
全図写真 83枚のうち3枚(一号壁面・六号壁・十号壁)
期間中入れ替えされ1枚ずつご覧いただけます。

 

7~8世紀初頭にかけて制作されたと考えられる法隆寺金堂壁画は「東洋美術の至宝」とも称されるほど優れた仏教絵画ですが、昭和24年に金堂内部から出火した火災によって焼損してしまいました。

しかし、幸いなことに火災に遭う前の昭和10年、国からの委嘱により便利堂が撮影をしており、壁画の姿が記録として写真に収められていました。

全紙サイズの写真ガラス乾板363枚にもおよぶ原寸大分割撮影や、四色分解撮影、赤外線撮影などの写真原板は、焼損前の貴重な情報をおさめているという点や、当時における最先端の撮影技術が使用されているという点において学術的価値や文化的価値が認められ、平成27年に国の重要文化財に指定されました。このうち、便利堂が所蔵する全図写真が展示されます。

 

 

詳しくはこちら

 

<実績紹介>「寺社Now」オンラインにて便利堂の写真撮影が紹介されています

2021.06.25

「寺社Now」オンラインにて、便利堂が行った冷泉家文書の写真版複製本全100巻の撮影の記事が掲載されました。(平成30年3月【寺社Now vol.18】掲載)

 

【寺社Now職人図鑑】国宝を写して後世に伝えるコロタイプ印刷!創業130年「便利堂」写真部・岩村 孝
「寺社Now」のページはこちら

<コロタイプ> 「コロタイプ手刷りプリントのおもしろさ展」開催のお知らせ

2021.06.22

第9回「コロタイプ手刷りプリントのおもしろさ」展

便利堂では社員自らが作品をつくり、印刷の難しさや技師の技術を体験し学べるワークショップイベントを年に1回開催し、作品展をおこなっています。今年で9回目を迎えた本展も優れた作品が揃っています。

 

コロタイプ特有の刷り上がり方はもちろんのこと、作品のテーマやタイトルにも注目してご覧いただき、コロタイプをもっと身近に感じていただければ幸いです。

 

また、皆さまの投票によるコンペティションも開催しています!皆さまのお気に入りの作品を教えてください。お待ちしております!

 

詳しはこちら

 

【概要】

第9回「コロタイプ手刷りプリントのおもしろさ」展
場所:京都市中京区新町通竹屋町下ル弁財天町302番地 便利堂コロタイプギャラリー
会期:2020年6月22日(火)~7月9日(金) 10:00-17:00
休廊:平日12:00-13:00&土日祝日