INFORMAION

<コロタイプ>「便利堂コロタイプの現在地」展 開催のお知らせ

2021.07.21

コロタイプギャラリー2021年 通常展示 第二期

「便利堂コロタイプの現在地」展

便利堂コロタイプギャラリーでは7月26日(月)より、2021年通常展示第二期として「便利堂コロタイプの現在地」展を開催します。

 

本展では、便利堂のコロタイプが工房設立以来どのような発展を遂げてきたかについて「動力式印刷機の導入」、「コロタイプのカラー化」、「デジタルへの対応」、「環境への配慮」という4つに注目して、ご紹介します。

 

重要文化財「法隆寺金堂壁画写真ガラス原板」から制作したコロタイププリントや、国宝に新指定される予定の「蒙古襲来絵詞」原寸大カラーコロタイプ複製、また最新のコロタイプ技術で制作した北大路魯山人筆の書簡を原本と合わせて展示します!

ぜひご覧ください!!

 

詳しくはこちら

 

【概要】

コロタイプギャラリー2021年 通常展示 第二期

「便利堂コロタイプの現在地」展

場所:京都市中京区新町通竹屋町下ル弁財天町302番地 便利堂コロタイプギャラリー

会期:2020年7月26日(月)-9月3日(金) 10:00-17:00

休廊:平日12:00-13:00&土日祝日はお休み

 

<その他>京都国立博物館「京の国宝」展において便利堂所蔵の法隆寺金堂壁画写真原板が展示されます。

2021.07.12

京都国立博物館で開催される特別展 京(みやこ)の国宝―守り伝える日本のたから―
において便利堂所蔵の重要文化財 法隆寺金堂壁画写真原板が展示されます。
全図写真 83枚のうち3枚(一号壁面・六号壁・十号壁)
期間中入れ替えされ1枚ずつご覧いただけます。

 

7~8世紀初頭にかけて制作されたと考えられる法隆寺金堂壁画は「東洋美術の至宝」とも称されるほど優れた仏教絵画ですが、昭和24年に金堂内部から出火した火災によって焼損してしまいました。

しかし、幸いなことに火災に遭う前の昭和10年、国からの委嘱により便利堂が撮影をしており、壁画の姿が記録として写真に収められていました。

全紙サイズの写真ガラス乾板363枚にもおよぶ原寸大分割撮影や、四色分解撮影、赤外線撮影などの写真原板は、焼損前の貴重な情報をおさめているという点や、当時における最先端の撮影技術が使用されているという点において学術的価値や文化的価値が認められ、平成27年に国の重要文化財に指定されました。このうち、便利堂が所蔵する全図写真が展示されます。

 

 

詳しくはこちら

 

<実績紹介>「寺社Now」オンラインにて便利堂の写真撮影が紹介されています

2021.06.25

「寺社Now」オンラインにて、便利堂が行った冷泉家文書の写真版複製本全100巻の撮影の記事が掲載されました。(平成30年3月【寺社Now vol.18】掲載)

 

【寺社Now職人図鑑】国宝を写して後世に伝えるコロタイプ印刷!創業130年「便利堂」写真部・岩村 孝
「寺社Now」のページはこちら

<コロタイプ> 「コロタイプ手刷りプリントのおもしろさ展」開催のお知らせ

2021.06.22

第9回「コロタイプ手刷りプリントのおもしろさ」展

便利堂では社員自らが作品をつくり、印刷の難しさや技師の技術を体験し学べるワークショップイベントを年に1回開催し、作品展をおこなっています。今年で9回目を迎えた本展も優れた作品が揃っています。

 

コロタイプ特有の刷り上がり方はもちろんのこと、作品のテーマやタイトルにも注目してご覧いただき、コロタイプをもっと身近に感じていただければ幸いです。

 

また、皆さまの投票によるコンペティションも開催しています!皆さまのお気に入りの作品を教えてください。お待ちしております!

 

詳しはこちら

 

【概要】

第9回「コロタイプ手刷りプリントのおもしろさ」展
場所:京都市中京区新町通竹屋町下ル弁財天町302番地 便利堂コロタイプギャラリー
会期:2020年6月22日(火)~7月9日(金) 10:00-17:00
休廊:平日12:00-13:00&土日祝日

 

 

<コロタイプ> 新サービス「COLLO-FULL」(コロフル)のご紹介

2021.06.01

 

「COLLO-FULL」(コロフル)は〝コロタイプをもっと身近に感じて欲しい〟
〝コロタイプで仕上げられたプリントを、もっと多くの方のお手元に届けられたら〟そんな思いから、標準的な製版(弊社基準)を施し、作業時間や色校正を省くことで低価格、短納期 で、コロタイププリントを提供いたします。一度やってみたかった . . . . . . ! そんなご期待に応えます。

 

詳しくはこちら

 

<その他>堀内誠一『音楽の肖像』コロタイプ&原画展のお知らせ

2021.05.24

今回の展示では、堀内事務所からの貴重なオリジナル作品、
コロタイプ作品とあわせての特別展となります。

 

堀内誠一『音楽の肖像』コロタイプ&原画展
会場: 誠光社
〒602-0871 京都市上京区中町通丸太町上ル俵屋町437
TEL/FAX 075-708-8340
開催日:2021年6月1日(火)ー 2021年6月15日(火)
時間:10時〜20時(最終日・イベント開催時は18時まで)

「デッサンの名手で色彩の画家だったラウル・デュフィは、絵を描く喜びの上澄みのような両極を同時に表した。線は旋律、色は音。それを彼の”オーケストラ”の絵はたちどころに教えてくれる」(『音楽の肖像』より)

ヤマハの楽器店やピアノ教室などで配られるPR誌『ピアノの本』にて連載された堀内誠一による作曲家の肖像画とエッセイの数々に、未発表のイラスト、さらには谷川俊太郎の書きおろしを含む32篇の詩を組み合わせた、堀内誠一さんの『音楽の肖像』敢行を記念し、京都便利堂より同書から6点をセレクトしたポートフォリオが制作されました。

 

音楽の肖像 コロタイプポートフォリオ

描かれているのはモーツアルトやベートーヴェン、サティやストラヴィンスキーなどのクラシック音楽の作曲家たち。1点1点を手刷りで制作するコロタイプによるもので、その風合いはまるで水彩画のような透明感と色彩を帯び、それぞれがオリジナル作品と見紛うばかりです。また、詩人で堀内さんの友人であった谷川俊太郎さんによる、このポートフォリオのための特別なエッセイも同じ手法で印刷しました。外箱ケースにはパリに長年暮らした堀内さんということを踏まえて、フランス語によるタイトルとパリの街角を描いたイラストをフィーチャーしてあります。

 

堀内誠一

193212月東京向島生まれ。14歳で伊勢丹の宣伝課に入社。23歳でアドセンター設立に参加し、企業広告、ファッションショー、「週刊平凡」「平凡パンチ」のファッションページのディレクションを手がけると同時に、挿絵と絵本の仕事を始める。1958年に初めての絵本『くろうまブランキー』を刊行。69年に独立し「アンアン」創刊時のアートディレクターを務めたのち、74年から家族とともにパリ郊外に暮らし、ヨーロッパ各地を旅する。19878月、下咽頭癌のため死去。享年54。現在は、ご家族で運営されている株式会社 堀内事務所が作品の管理を行い、出版や展覧会などを継続的に行っている。

 

Product Detail
Artist: 堀内誠一
Title: 音楽の肖像 コロタイプポートフォリオ
Text: 谷川俊太郎
Edition: Open Edition
Size: プリントサイズ: 25.4 x 20.3cm / ケースサイズ: 25.8 x 20.6 x 0.8cm
Price: 9,500円 + Tax

 

コロタイプポートフォリオは会場でも販売いたします。
オンラインでのお求めはこちら(6月1日より発売)

 

<その他> 奈良蔦屋書店「京都便利堂の世界」展示販売のお知らせ

2021.05.21

 

奈良蔦屋書店においてフェア「京都便利堂の世界」美しいものを美しく再現するー鳥獣戯画の楽しい世界から現代アートまでー が開催されております。

 

5月前半は鳥獣戯画の楽しい世界を表す「鳥獣戯画」グッズ、

5月後半は映画hokusaiの公開にちなみ「北斎や浮世絵」グッズ、

6月中旬からはコロタイプ印刷によるポートフォリオ、

新作の堀内誠一さんのミニポートフォリオなど展示販売致します。

 

手にとって商品をご覧いただける機会です。ぜひお見逃しなく。

 

「京都便利堂の世界」

場所: 奈良 蔦屋書店 2F POP UP スペース
〒630-8013 奈良県奈良市三条大路1丁目691-1
会期: 2021年5月15日(土)  – 07月09日(金)
時間: 8:00~23:00

詳しくはこちらから

<ショップ>京都便利堂本店(仮店舗)GW休業のご案内

2021.04.28

京都便利堂本店(仮店舗)2021年 GW休業のご案内

 

いつも 京都便利堂本店(仮店舗)をご利用いただきありがとうございます。

誠に勝手ながら、下記の期間はGW休業の為、休業させていただきます。
お客様にはご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほど よろしくお願いいたします。

 

【休業期間】
2021年4月29日(木)~5月5日(水)

 

                                京都 便利堂