Title Image

Hariban Award 2021 Jurors

This year we are honoured to have Yanyou Yuan Di, Oluremi C. Onabanjo, Pauline Vermare and Yasufumi Nakamori as the Hariban Award 2021 Jurors.

View their profiles below to get to know this year’s Juror panel.

 

ハリバンアワード2021の審査員として、ヤン・ヨー・ユアンディー氏オルレミ C. オナバンジョ氏ポーリン・ヴェルメール氏、そして、中森康文氏をお招きしています。


審査員の方々のプロフィールは、今年度の審査員紹介ページをご覧ください。

Yanyou Yuan Di

Founder Jiazazhi Press/Library

Yanyou Yuan Di, publisher, founder of Jiazazhi Press / Library. He curated many photobook exhibitions / festivals in Beijing, Xiamen, Lianzhou, Shanghai and Ningbo from 2012 – 2018. Some books edited by him are shortlisted / won in some international photobook awards. Jiazazhi Press / Library takes part in many practices, such as archiving, research, publishing, distribution, and education, makes its effort on broadcasting the photo art book culture in China.

ヤン・ヨー・ユアンディー
Jiazazhi Press/Library 創業者、編集者

ヤン・ヨー・ユアンディーは出版社Jiazazhi Press/Libraryの創業者であり、編集者である。また2012年から2018年にかけて多くの写真集を用いた展覧会や、北京、厦門、連州、上海、寧波の写真フェスティバル等のキュレーションを担当した。彼が編集を手がけた写真集には、国際的な写真集のためのアワードにショートリストとしてノミネートされたものや受賞したものがある。Jiazazhi Press/Libraryは、中国における芸術としての写真集文化を幅広く伝える取り組みを行い、さらにアーカイブ、リサーチ、出版、流通、そして教育といったさまざまな役割を担っている。

Oluremi C. Onabanjo

Curator & Scholar of Photography of Africa

Oluremi C. Onabanjo is a curator and scholar of photography and the arts of Africa based in New York City. The former Director of Exhibitions and Collections for The Walther Collection, she has organized exhibitions in Europe, North America, and Africa. In 2017 she co-curated Recent Histories: Contemporary African Photography, and edited its accompanying publication (Steidl), which was shortlisted for an ICP Infinity Award in Critical Writing and Research (2018) and named “One of the Best Photo Books of 2017” by The New York Times. Onabanjo lectures internationally on photography and curatorial practice, and has contributed to catalogues and photo books published by 10×10 Photobooks, the American Federation of Arts, Aperture, Autograph ABP, The Museum of Modern Art(MoMA), The Studio Museum in Harlem, and Steidl amongst others. A 2020 Andy Warhol Foundation Arts Writers Grantee, Onabanjo is currently at work on a doctorate in Art History at Columbia University, and holds an MSc in Visual, Material, and Museum Anthropology from Oxford University, and a BA in African Studies from Columbia University.

オルレミ C. オナバンジョ

アフリカ圏の写真を専門とするキュレーター & 学者

オルレミ C. オナバンジョは学者であり、またニューヨークを拠点にアフリカの写真と芸術文化をテーマにキュレーターとして活動する。ウォルターコレクションの元ディレクターとして、ヨーロッパ、北アメリカ、そしてアフリカでの展覧会を主催した。2017年には「Recent Histories: Contemporary African Photography」の共同キュレーターとして参画し、関連書籍をSteidlより出版、またその写真集はニューヨークタイムズ誌による「2017年の素晴らしい写真集の一つ」に選出されている。彼女は国際的に写真とキュレーションの仕事にまつわる講演を行い、さらに10×10 Photobooks、アメリカ芸術連盟、Aperture、Autograph ABP、ニューヨーク近代美術館(MoMA)、ハーレム・スタジオ美術館やSteidlといった機関のカタログや写真集の出版にも貢献している。オナバンジョは、コロンビア大学でアフリカ学について学士号を取得後、オックスフォード大学で視覚・素材と博物館人類学の修士号を修了、現在は、2020年Andy Warhol Foundation Arts Writers Granteeの受賞者として執筆を行いながら、コロンビア大学で博士号の取得を目指している。

Pauline Vermare

Curator & Magnum Cultural Director, U.S.A

Pauline Vermare is a French photography curator based in New York City and the cultural director at Magnum Photos, New York. She was formerly a curator at the International Center of Photography (ICP), the Museum of Modern Art (MoMA), and the Henri Cartier-Bresson Foundation in Paris.

ポーリン・ヴェルメール
Magnum Photos 文化ディレクター、キュレーター

ポーリン・ヴェルマーレはニューヨーク在住のフランス人写真キュレーターであり、ニューヨークに拠点を置くMagnum Photosの文化ディレクターである。彼女は以前、International Center of Photography(ICP)、ニューヨーク近代美術館(MoMA)、パリのHenri Cartier-Bresson財団にキュレーターとしても在籍していた。

Yasufumi Nakamori 

Senior curator of International art (photography), Tate Modern

Yasufumi Nakamori is the senior curator of international art (photography) at Tate Modern. He is responsible for organizing exhibitions and collection displays involving photography, acquiring photographs to the Tate collection and co-curated Zanele Muholi exhibition at Tate Modern in 2020. Formerly with the Minneapolis Institute of Art and the Museum of Fine Arts, Houston, he has authored numerous essays and four books, including Katsura: Picturing Modernism in Japanese Architecture, Photographs by Yasuhiro Ishimoto (2010), which won the 2011 Alfredo H. Barr, Jr. award from the College Art Association. His essays are included in Postwar: Art Between the Pacific and the Atlantic, 1945-1965 (Haus der Kunst, 2016) and Changing and Unchanging Things: Noguchi and Hasegawa in Postwar Japan (Noguchi Museum, 2019). He received a Ph.D. in the history of art from Cornell University.

中森康文
Tate Modern、国際美術(写真)部門のシニア・キュレーター

中森康文は、テート・モダン国際美術(写真)部門のシニアキュレーターとして在籍し、写真に関連する企画展やコレクションの展示、テート・コレクションへの新たな作品収蔵に係る業務を担当している。また、2020年に開催されたZanele Muholiの展覧会では共同キュレーターとしても活動した。以前はミネアポリス美術館、ヒューストン美術館に在籍し、2011年にカレッジ・アート・アソシエーションより Alfredo H. Barr, Jr.賞を受賞した「Katsura: Picturing Modernism in Japanese Architecture, Photographs by Yasuhiro Ishimoto (2010)」など多数のエッセイや、4冊の書籍を執筆している。それらのエッセイには「Postwar: Art Between the Pacific and the Atlantic, 1945-1965(Haus der Kunst, 2016)」や、「Changing and Unchanging Things: Noguchi and Hasegawa in Postwar Japan (Noguchi Museum, 2019)」も含まれている。コーネル大学にて美術史学の博士号(Ph.D)を取得している。