Title Image

Hariban Award 2021 Applications Open

Presented by Benrido, the Hariban Award combines a 160 year old analog technique with contemporary photography. Glass plates have been used as the base for collotype printing plates which still continues today. The award is called “Hariban ” as “Hari” means glass plate and “ban” means printing plate in traditional Japanese. This Award invites professionals and amateurs alike to submit black and white photographs for a chance to win. Submissions are judged by an international group of Jurors and the Grand Prize Winner receives a two-week residency in Kyoto, Japan to collaborate with the master printer’s of Benrido.

 

便利堂が主催するハリバンアワードは、160年の歴史をもつアナログ写真印刷技術と、現代写真のアート性を繋ぐ取り組みです。「玻璃(はり)」とは古い日本語でガラスを意味し、版にガラス板を用いることから玻璃版と呼ばれていました。 その名前に由来するこのアワードは、プロ、アマチュアを問わず白黒写真を用いて制作をする全ての写真家・作家に開かれています。写真の分野で世界的に活動する審査員による厳選な審査の後、受賞者が選出されます。最優秀賞を受賞した作家は、京都のコロタイプ工房に招聘され、熟練の職人と共に受賞作品のコロタイププリントを制作します。

Prizes

  • Grand Prize Winner
  • Jurors Choice Award
  • Benrido Award
  • Honourable Mentions

Hariban Award 2021 Jurors

  • Yasufumi Nakamori|Senior curator of International art (photography), Tate Modern
  • Oluremi C. Onabanjo|Curator & Scholar of Photography of Africa
  • Yanyou Yuan Di|Founder Jiazazhi Press/Library
  • Pauline Vermare|Curator & Magnum Cultural Director, U.S.A

Schedule

  • Application Open: 1 April 2021
  • Deadline for Submissions: 23:59 June 15, 2021 JST (Japan Standard Time)
  • *No Shortlist Announcement
  • Date of winners announcement: Mid/Late August 2021
  • Grand Prize Winner residency at Benrido Atelier: Autumn/Winter 2021
  • Grand Prize Winner Solo Exhibition: 2022
  • Hariban Award Catalogue: 2022

  • 最優秀賞
  • 審査員特別賞
  • 便利堂賞
  • 奨励賞

HARIBAN AWARD 2021 審査員

  • 中森康文|Tate Modern、国際美術(写真)部門のシニア・キュレーター
  • オルレミ C. オナバンジョ|アフリカ圏の写真を専門とするキュレーター & 学者
  • ヤン・ヨー・ユアンディー|Jiazazhi Press/Library 創業者、編集者
  • ポーリン・ヴェルメール|Magnum Photos 文化ディレクター、キュレーター

スケジュール

  • 公募開始:2021年4月1日
  • 公募締切り:2021年6月15日(日本時間23:59 )
  • 審査(非公開): ショートリストの発表はありません
  • 受賞者の発表: 2021年8月下旬
  • レジデンスの実施 : 2週間の京都滞在とコロタイプ工房での制作(実施時期は相談)
  • 個展の開催 : 2022年(開催時期は相談)
  • *その他 : 2022年春に公式カタログの刊行