東京国立博物館
  

 1872年創設。美術博物館としては日本で最古で最大。所蔵品は日本や東洋の諸地域にわたる古美術品及び考古資料など総数約11万4,000件に及びます。日本美術を展示する本館、日本以外の東洋美術を陳列する東洋館、1999年に拡充改築した法隆寺宝物館に加え、特別展専用スペースと日本の考古遺物の展示場を備えた平成館があります。また美術に関連する図書を揃えた資料館は無料で公開されています。> 東京国立博物館サイトへ

 ミュージアムショップは1990年、本館の地下1階に開設されました。2013年に本館1階20室へ移転。ゆったりとしたスペースには、博物館の出版物を含め約4,500種類にも及ぶ美術・考古・歴史に関係する図書が並んでいます。一般書店では手に入らない過去に開催された特別展のカタログに加え、他館で評判になった過去の展覧会カタログまで入手できるのも東京国立博物館のショップならでは。所蔵品のみならず日本の美術史上を飾る名品を複製した巻物や縮小屏風、色紙、短冊、扇子、額絵、軸装なども豊富に取り揃えられています。その他所蔵品をもとにデザインしたオリジナルの文房具やTシャツ等もあり、ハガキのセットだけでも日本美術の全容がわかる充実ぶりです。


浮世絵版画・はがき・「餓鬼草紙」巻物絵はがきセットなど
「夏秋草図屏風」複製「紅白芙蓉図」色紙
浮世絵版画・はがき・「餓鬼草紙」巻物絵はがきセットなど
「夏秋草図屏風」複製「紅白芙蓉図」色紙