INFORMAION

“DIALOGUE”『親密な工芸』ご来場ありがとうございました!

2019.03.13

便利堂の松原です。

3月7日~9日まで行われた“DIALOGUE”『親密な工芸』に京都便利堂も出展しておりました。
”未来志向のものづくり”をテーマとしたプロジェクト「KOUGEI NOW」の一環として、 作り手自らがものづくりの背景や手仕事への想いなどを直接お伝えする展示販売会「Kyoto Crafts Exhibition “DIALOGUE”」 にてホテル カンラ 京都の客室やエントランスを舞台に、京都だけでなく全国から様々な作り手が集い、アートや工芸に関心の高い来場者の方にも多数、ご来場いただきました!

便利堂の歴史は日本の文化、美術の伝承と普及の歴史です。あらゆることが手軽になっていく現代において「歴史」や「アート」を感じる時間はとても風雅なもので、毎日の生活の中に「ゆとり」と「親密さ」を生み出してくれるのではないかと考え、そんな空間作りをしました。

history-img-01

 

 

 

 

 

 

 

 

京都便利堂の世界観を見ていただく良い機会となったと思います。

遠い中、ご来場いただいた方には誠に御礼申し上げます。

当日の様子をシェアしたいと思いますので、時間が合わず来れなかった!という方も、ぜひ今回出した新しいアートパネルやグッズに興味がお持ちの方がいましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

まずエントランスですが、ホテルの一室ですのでこんな感じでした

エントランス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パウダールームには、若冲やコロタイプアートパネルの雪舟を配置しました

洗面所

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらではコロタイプ工房のビデオを流していたのですが、みなさん興味深く見ていかれました

風呂場

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

流していたvideoはこちらでご覧になれます

 

 

 

 

 

 

 

ベッドには去年の6月より発売開始したSHIHO便利堂の文具たち

ベッド

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベッド上の壁には原寸大鳥獣戯画絵巻より作ったコロタイプのアートパネルをかけました

楽しい夢が見られそうです。

ベッド上

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

通路にはコロタイプ絵葉書の季趣五代とコロタイプ額絵の浮世絵。こちらにもみなさん関心が高かったです。

通路

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

畳の間には50%複製の夏秋草図屏風(酒井抱一)

こちらも食い入るように見つめる方がいらっしゃいましたが、美術館ではガラスケースに

入っていて「生」で見れる機会というのはなかなかないのかもしれないですね。

畳

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現代作家の山口晃さんの掛け軸もコロタイプでした。

山口晃

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に、こちらはお茶をお出しするスペースとして使っていましたので、あまりご覧になれなかったかもしれませんが仏眼仏母像のコロタイプアートパネルがありました。

仏眼仏母

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご来場の方にお出ししたお茶は宇治香園さん、お菓子は俵屋吉富さんで五感のうち『味覚』を楽しんでいただきました。

私も展示の後で知ったのですが、鳥獣戯画でおなじみの高山寺の生みの親は明恵上人ですが「仏眼仏母像」は明恵上人の持仏だったということです。白い蓮花の上に結跏趺坐(けっかふざ)、両足を組んで座禅している姿は国宝でもあります。

この絵像には明恵の落書きで、右端に小さく、 もろともに、あはれとをぼせみ仏よ、きみよりほかに、しる人もなし。明恵はこの絵像の前で、自分で自分の耳を切り落としたのだそうですが、それほどまでに慕っていたこの仏さまと一緒に鳥獣戯画、また栂尾と言えばお茶、偶然ながらよくできたレイアウトだったと、自画自賛で終わりますが、本当にいろいろな方とお話しでき、また京都便利堂のことを伝えることのできた貴重な出展体験でした。

誠にありがとうございます。

今後とも京都便利堂をよろしくお願いいたします。